石見銀山から積み出し港、鞆ヶ浦

2014年4月7日

石見銀山世界遺産センターから積出港の鞆ヶ浦へ

 

でも軌跡を示しています、高低を示す断面図も表示できます
縮尺は、右下の+−でお好みの尺度で見てください
使い方は、左上の[基本地図]の ▼ 白地図、航空写真、簡易地形図が選べます
Google Map では、使い方の変更が突然あります、逆らえません、従ってください

 

石見銀山へはあれやこれやで訪問しているが、積み出し港もなかなか面白いものらしい。
わたし、三次に住んでいるから、尾道への石見銀山街道は身びいきで見ているが、待て待て、日本海から海路で積み出した量の方が圧倒的に多いだろうよ。そっちを探ってみよう。
石見銀山世界遺産センターに到着、ここに駐車して、自転車で港まで行って、帰ってくる段取りです。
センターでリーフレットをもらって、港までの経路を確認する。地図を見ると、基本は
温泉津ゆのつの沖泊なんですよ。そこから主に積み出したのだそうな。
温泉津ゆのつ近辺はねぇ、国道9号線しか道がない。しかも、トンネルが連続している。わたしはね、自転車乗りとしては、トンネルが嫌いなんですよ。
嫌いな理由はふたつ。ひとつは自転車のライト、点灯したり切ったりが面倒、電池の接点に紙を挟んで放電を防止しているので、やたら面倒なんですよ。それと、GPSがトンネル内では受信できない。
というわけで、寺泊は除外、馬路の鞆ヶ浦を目指すことにしよう。
大森の市街地に入り、代官所前まで行く。代官所の隣が中村ブレイズ、義手義足などの人工装具を作る会社です。
その会社の角を曲がって進んで行く。通行止めの看板があるが、自動車通行止めだろうなと解釈して、自転車は自己責任ということでともかくも入ってみる。
トンネルがあって、トンネルの名前が見当たらない、無名のトンネルを潜ると、その先は下り坂になる。
格別、道の崩壊などの支障のあるものはなかったよ。樹や竹が倒れて道を塞いでいる、ざっと始末してあるが、たぶん、完全な作業じゃないということなんだろうね。
どんどん進んで国道9号線に合流した。旧仁摩町の町役場があり、今は大田市に合併して大田市仁摩支所になっている。サンドミュージアムがあるが、興味がないのでパス。
国道9号線はゆるゆると登り坂、琴ヶ浜、鳴砂海岸、馬路の看板があって、県道290号線の分岐標識が見えて、ここだ、ここから海岸に降りて行くのだ。
JR山陰線馬路駅が道の上にあって、馬路はまじと読むのだそうな。
鞆ヶ浦の案内看板を始めて見た。堤防に沿って海際を進んで行けばええのだ。
うみねこが沢山いるが、全然人間を恐れないぞ。1メートルまで接近しても逃げない。近くに水産加工の会社があって、そこで魚のアラをもらっているのかもしれない。それで馴れているのかな。
友トンネルというトンネルがある。ここを潜ると鞆ヶ浦。鞆ヶ浦は石見銀山の最初の時代の積み出し港で、後の時代に沖泊に移って行ったのだそうな。
なるほど、船のもやい綱を結ぶために、岩を穿って作った取っ手がある。へぇぇ、今でも残っているのだ。
港の入口の島が鵜島で、厳島神社が勧請されているということだが、島へ渡る道が危ない。通行禁止と看板があるし、強風が吹くので飛ばされそうな怖さもある。渡るのは止めとこう。
帰り道は堤防沿いの道を戻ろう。津波対策の堤防ではないね。強風が吹く波の飛沫を遮るだけの堤防なんだね。吹けば飛ぶような、いや、間違えた、吹いても飛ばない程度の堤防なんだね。
堤防沿いに道はまだまだ続くが、この道は岬の向こうまで抜けているのだろうか。
漁師が自転車で戻ってきた、この道は岬を越えて先へ行けますか、いいや、この先の港で行き止まりよ、どうもありがとう。
うまいこと通りかかってくれたもんだよ。聞かなきゃこのまま突き進むところだった。ここで右折して、坂道を登るんだね。
この登り坂は漕いでは登れない。あかん、自転車から下りて押して登るしかしょうがない。振り返ると海岸の砂浜が弓なりに見えている。琴ヶ浜、鳴砂海岸の名前の海岸なんだね。
この先、漁港が連続する。野浦港、宅野港、大浦港、漁港の傍を通るが、さすがに大浦港には立ち寄らない。道から大きく離れるからね。
五十猛いそたけ駅の案内がある分岐で、国道9号線をじっと見る。その先にはトンネルがあるじゃないか。国道9号線は止めじゃ、里道を行こう。
再び国道9号線に合流して、静間駅分岐、国道9号線はもうええ、ここで曲がってショートサーキットの道を取ろう。
このまま大田市の市街地中心に入ってもええが、そこは前に三瓶山石見銀山篇で自転車を走らせたことがある。省略してもええだろう。
静間駅の前を過ぎて、山陰線の線路を越える道を探すのだが、おいおい、跨線橋になっている。はるか遠くから跨線橋の付け根に入るようになっている。
静間駅の西踏切を通って、駅の南側を抜けて、跨線橋を渡らずに進んだ方が疲れなかったな。跨線橋は嫌いだよ。
大きく三瓶山が見えている。三瓶の山だけ雪を被っている。他の山には雪などないのにね。貫禄の違いを見せつけているね。
静間川から離れて銀山川に沿って登る。
大森の町に入って、五百羅漢のところから離れて、世界遺産センターを目指して引き返す。
世界遺産センターの登り坂が辛いのだよ。くたびれているからもう漕いでは登れない。降りて押して登るしかない。
やれやれ、帰ってきたぞ。
鞆ヶ浦はこれで果たしたが、沖泊を目指すのなら、コースの立て方をちょっと考えなきゃならんね。
参考 一部分でも重なっているコース
2008年05月14日 石見銀山、地名が石銀、仙ノ山 (登山篇)
2013年10月18日 三瓶山、石見銀山、往復

 

画像をクリックするとそのままそこだけ拡大表示されます
Microsoft Edge のユーザーは、画像・テキストにちょっと触れてください、その効果で、ポップアップページは消えます
Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox のユーザーは何もしなくてもポップアップページは消えて行きます

 

世界遺産センター トンネル 国道9号線から海岸へ 馬路駅
鞆ヶ浦への案内 ウミネコ 友トンネル 鞆ヶ浦
鵜島への道 堤防沿いの道はここまで 静間駅分岐 三瓶山

 

自転車インデックスに帰る
2014年リストへ帰る
トップページに帰る