三次・庄原、国道と並行する脇道を行く

2016年9月2日

みよし運動公園を出発、本村川に沿って庄原へ、県立大学を経て三次へ

 

詳細地図、地図上のどこで撮った写真なのか解ります
でも軌跡を示しています、高低を示す断面図も表示できます
縮尺は、右下の+−でお好みの尺度で見てください
使い方は、左上の[基本地図]の ▼ 白地図、航空写真、簡易地形図が選べます
Google Map では、使い方の変更が突然あります、逆らえません、従ってください

 

画像をクリックするとそのままそこだけ拡大表示されます
Microsoft Edge のユーザーは、画像・テキストにちょっと触れてください、その効果で、ポップアップページは消えます
Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox のユーザーは何もしなくてもポップアップページは消えて行きます

 

地図を見ているうち、コースが浮かび上がってきました。
三次・庄原間で、国道を行くだけじゃない、並行する脇道があるのに気が付きました。三次・庄原間は何度か走っているが、目新しいコースを見つけたぞ。
みよし運動公園の駐車場に車を置いておく。ここから出発して、公園のゲートを潜る
ここから先はちょっと交通が激しいから、脇へ避けたり、歩道を走ったり。
廻神交差点で左折、ここからは広域農道を走るのですよ。ちょっと走って、幹線から逸れる。幹線は交通が激しい。もっと静かな道がある。
JR神杉駅の近くを走る昔ながらの道なんですよ。馬洗川沿いの国道に出て、神和橋を渡る。上流の備北大橋を渡ってもええよ。渡ってもええが、大型トラックに圧迫されながら渡るのは嫌でしょ。
備北大橋の一本下流の橋なら、ほとんど車が通ることもない。気兼ねなく渡れるのだよ。
備北大橋のたもとに出て、備北大橋から続く道を進む。
次の交差点が向江田、ここは直進する。
芸備線を跨ぐ跨線橋を越えて、高速道路の尾道松江線がある。そこの道の下を潜る。こういうのはトンネルと言わないのだよ、カルバートと言うのだ。
この先は交通が静かな道だと思うでしょ、そうでもないのだよ、数は少ないが、大型トラックが群れを成して駆け抜ける。けっこう風圧が強いよ。
三良坂町の区域に入って、仁賀の交差点に入る。ここの交差点は五差路で、進行方向を間違えないように。
直進すれば灰塚ダム、県立大学からの道が合流していて、帰りはそっちからここの交差点に戻るのだ。
ここの交差点から本村川に沿った道を進んで行く。
庄原市の境界看板が出ている。25000図で市の境界を見ていると、実に入り組んだ境界になっている。鎌倉・室町時代、地頭の競り合いで、取った、取られた、訴訟と実力行使が重なったのだと思うよ。
県道61号線は本村川を離れて行くが、ここはこのまま本村川に沿って県道443号線を進もう。
青嶽山が見え始めた。頂上から庄原へのテレビ電波が打ち出されているのだ。登山の山ではない、電波の山なのだ。
ここで左折する。本村からの、総領からの、県道に乗り移る。
本村と庄原を分ける峠がある。峠というほどでもなく、自然な乗っ越しなのだ。ここを越えて旧庄原の区域に入って行く。
中国道の庄原インターチェンジを過ぎる。新庄交差点で左折、実留町交差点でも左折、庄原を離れて三次に帰って行く。
国営備北丘陵公園→という突き出し標識が見える。その交差点で右折する。そこからの道は県大通りと命名されている。
車道と歩道は植え込みで遮られ、緩やかな傾斜で誘導してくれる。実に自転車を走らせ易い道なんですよ。
県立広島大学の前に来る。正しくは、広島県立大学ではなく、県立広島大学なんです。広島県立広島大学でもない、どうもおさまりが悪い気がするのだが、そんな気がするのはわたしだけ?
大学前の交差点を南に向かう
これぞ七塚原というポイントが現れる。ポプラ並木なんですよ。ポプラ並木をバックにトウモロコシ畑が広がる、このトウモロコシは穀物としてではなく、牛の飼料として茎を食べさせます。
三次市の境界が現れる。三良坂町の区域がクサビのように食い込んでいる。おおむね道を境にしている。道の右側が三次市、道の左側が庄原市、いつのまにか全域が三次市となる。
仁賀の交差点に帰ってくる。変形五差路を右折して坂道を登る。
のどかな田園風景を過ぎて、坂道を登って行く。
三良坂町と向江田との境界の峠を越える。この峠を過ぎると、もう坂道はない。
寺町廃寺跡があって、ちょっと寄ってみる。奈良朝当時のものだそうで、三谷寺と推定されている。正直、どの程度重要な遺跡なのやら、判断がつかない。
馬洗川を渡る神和橋を渡ると、JR神杉駅に誘導される。芸備線、福塩線の自転車行脚をしたが、神杉駅はパスしていた。始めて寄ってみた。へぇ、こんな駅舎なのか。
みよし運動公園に帰って来た。ゲートを潜って、駐車場まで帰って来た。もっと時間が掛かるかと思っていたが、意外に短時間で戻って来た。

 

みよし運動公園の駐車場 神和橋、馬洗川を渡る 向江田交差点 三良坂町仁賀交差点
庄原市境界 県道を離れて本村川沿いに進む 青嶽山、この先で庄原に向かう 庄原インターチェンジ
県大通り 県立広島大学 三次市境界 みよし運動公園に戻る

 

参考 重なっているコース
2008年_7月13日 庄原、国道から緑陰の路へ
2009年_5月29日 庄原から帝釈峡往復
2011年12月14日 三次・庄原、周回、西城川から馬洗川へ
2014年10月15日 馬洗川支流国兼川、合流点から源流まで

 

自転車インデックスに帰る
2016年リストへ帰る
トップページに帰る