2014年10月21日
しぇるぱ単独
山域:台湾台北郊外

台湾の天上山、手前の偽ピークで果てた

 

前ページへ

あちこちの山へかえる

トップページへかえる


 囲炉裏へリンク

 

画像をクリックするとそのままそこだけ拡大表示されます
Microsoft Edge のユーザーは、画像・テキストにちょっと触れてください、その効果で、ポップアップページは消えます
Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox のユーザーは何もしなくてもポップアップページは消えて行きます

 

台湾に行っています。山に登るだけじゃないよ。自転車で市内を走ってみようという企画です。自転車は別に語るとして、まずは山のお話し。
台北の地下鉄のMRT、捷運、捷鉄、どっちの名前でもよろしい、板南線の終点、永寧で降りる。
広場の真ん中に出て、進む方向はどっちだ。山が見えているからあっちのほうだろう。観光案内地図看板があるので、なんとなく見当を付ける。
承天路に沿って進む。承天路とは通りの名前でもあるし、住所でもあるのだろうね。
谷間から山容が見えている。あれが天上山なのかどうか、登ってみなけりゃわからない。でもまぁ、たぶんそうだと思うよ。
道ばたにオートバイがずらりと駐車してある。台湾はむちゃくちゃオートバイが多いね。車社会であるが、オートバイ社会でもある。このオートバイ乗り、みんな承天寺に向かったんだろうか。
承天寺への山道分岐から入って行く。分岐には、薬師仏を中心に、日光菩薩、月光菩薩が祀られてある。えらく金ぴかの仏像だが、ここは台湾なんだよ。それが基準なんだよ。
石畳の道が続く。承天寺への分岐がある。思いと違って、どかっと石段を降りて行かなきゃならない。降りれば承天寺の境内なのだ。
布袋和尚が出迎えてくれて、承天寺の正面に回って行く。正面は崖で、裏から入って行くのが通常の道のようだよ。参拝する人はたいがい自動車で来るみたい。
本堂を振り向く。威厳があって、無暗に近寄り難い雰囲気があるよ。
さて、登山路へ戻ろう。
石畳の道を抜けて舗装路を歩く。道は善息寺へ向かっている。善息寺への矢印に従って石段を登ったが、矢印は間違い、ここは茶店になっているみたい。
まぁええ、善息寺はどうでもよろしい。そのまま尾根を歩いて行く。尾根道も石畳の道なんですよ。
撓みに木の根が露わになった姿が見えている。ここまで木の根が洗い出された姿は珍しいね。
尾根から降りて、天上山登山歩道と巨石に彫り込んである。ここから天上山への道なのだ。
石畳、セメントブロックの道は続く。ここまで地道を歩くことはほとんどなかったな。石道ばっかりでけっこうくたびれるのだよ。
三粒半というところで、茶店の設備が設えてある。今日は店主不在のようだね。
この先は、岩場に階段を敷き込んで補助ロープで崖に落ちるのを防止して、岩場登りを容易にしてある。
眼下に承天寺が見えている。こんな山の中に大寺院を建築しているんだもの、相当な数の信者の支えがあってのことだろうね。
この先に峰が見えているのは判っているが、ちょっとくたびれたよ。間には鞍部があって、降りて登るのはしんどいね。この先の峰は天上山かそうでないのか、道標があいまいなのですよ。
いやもうええ、石畳道でくたびれた。日も傾いてきて、まごまごすると日暮れてさまよわなきゃならなくなるかもしれない。ここで引き返そう。
来た道を引き返すのではなく、途中にショートカットの案内があったな。そっちを行こう。
舗装路に出て、そのまま辿って進むと、桐花公園と門があって下り道がある。
意外な袋小路で、なんぼ歩いても抜け出す道がないのですよ。二度歩いたが、もとの入口に戻るしかない。恐らく工事があって道を塞いでいるのだろうね。
しゃぁない、引き返して谷沿いの道を降りて行く。
出てきました。
承天寺への山道分岐のところまで戻ったのだ。
夕暮れで薄暗くなってきたが、ここまで戻れば大丈夫、駅までの道は覚えている。
歩いた距離も10キロ程度で大したことないのに、えらく時間もかかったし、くたびれた。原因は石畳の道だと思うよ。膝への負担が大きかったのだ。
地下鉄MRTの終点、永寧から西門まで帰る。今回は西門にホテルを取っているのですよ。
翌日、自転車で淡水河をポタリングしました。

 

参考 台湾の山
2008年11月12日 タイペイ、陽明山国家公園、七星山
2010年_7月15日 台湾、日月潭国家風景区、水社大山
2012年11月19日 台北、陽明山の前山、紗帽山サオマシャン
2015年11月20日 台湾の象山・拇指山、麓から頂上まで石段の山
2017年_7月21日 台湾、観光地九份ジュウフェン基隆キールン

 

参考 今回の関連
2014年10月22日 台湾、台北の大河、淡水の河岸を往復2(自転車篇)
2012年10月20-23日 '14年台湾、台北郊外天上山と淡水河サイクリング(アルバム)

 

台北MRT永寧駅 承天寺山道分岐 承天寺 間違った道への誘導
尾根道 洗い出された木の根 天上山登山歩道 岩場を登る
承天寺遠望 ここで果てた 舗装路へ出る 桐花公園

 

詳細地図、地図上のどこで撮った写真なのか解ります
でも軌跡を示しています、高低を示す断面図も表示できます
縮尺は、右下の+-でお好みの尺度で見てください
使い方は、左上の[基本地図]の ▼ 白地図、航空写真、簡易地形図が選べます
Google Map では、使い方の変更が突然あります、逆らえません、従ってください